2022年7月20日

小木曽工業、26年度までにFA関連商品生産倍増 全拠点で自動化投資

 磨棒鋼メーカーの大手、小木曽工業(本社=名古屋市、小木曽知弘社長)は、2026年度までにファクトリー・オートメーション(FA)に関連する商品の生産量を倍増する。ロボットや電動アクチュエーターなどの最先端製品の需要の増加を背景に、直動ベアリング製品を中心に全拠点で自動化などの投資を行い、段階的に生産能力を引き上げつつ収益の拡大を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)