2022年8月26日

鉄スクラップ H2電炉買値 東西4.5万円に急上伸 中部は様子見

国内の鉄スクラップ市況が25日に大きく上昇した。続騰するアジア向け輸出価格が国内価格を引っ張った。全国的にトン当たり3000円値上がりし、電炉メーカーのH2購入価格(産業新聞調べ、25日時点)は関東地区と関西地区がそれぞれ4万5000円前後に上昇。関西では約4カ月ぶりの大幅反発となった。ただしメーカーの夏季減産の影響で需給バランスが特に緩い中部地区は25日時点で様子見横ばいを保ち、H2買値平均は4万1500円前後にとどまっている。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)