2022年8月26日

萩野メタルワークス ファイバー機初導入 生産性20%向上

厚・中板加工業者の萩野メタルワークス(本社=三重県四日市市、萩野昌毅社長)は、主力工場である小古曽工場(同市小古曽東)に同社初のファイバーレーザーを導入し、今月後半から本稼働を開始した。加工速度の向上や多段ストッカーの能力増強などで、生産性を20%程度高め、増加する需要家からのレーザー加工ニーズへの対応力を強化していく。

おすすめ記事(一部広告含む)