2022年9月5日

7月、ステンレスCC販売低調 Cr系は在庫改善

 全国ステンレスコイルセンター工業会(JSCA)がまとめたステンレスコイルセンター統計によると、7月の販売量(マンガン系除く)は前年同月比9・0%減、前月比6・8%減の5万2153トン、在庫量は前月比0・8%減の11万7679トンだった。販売量は、主要品種のニッケル系冷薄で今年に入り最低を更新するなど低調だった。市況の大幅上伸による買い控えとみられる。クロム系では在庫率の改善が進み、需給バランスは再びタイト化に進んでいる。

おすすめ記事(一部広告含む)