2022年11月17日

鉄スクラップ相場ジリ安 輸出細り半月で1600円下落

 国内の鉄スクラップ相場が半月にわたってジリジリと下がっている。日本鉄スクラップ総合価格(東名阪3地区電炉購入価格平均、H2)は16日時点でトン当たり4万8200円になり、直近高値の1日から1600円下がった。アジアの鋼材需要が減って日本からの鉄スクラップ輸出が細ったことなどが需給を緩ませ、国内市況を冷やしている。
おすすめ記事(一部広告含む)