2022年11月24日

全国粗鋼生産1割強減 10月735万トン 車減産、建設もさえず

全国粗鋼生産量は10月に734万9000トンと前年同月比10・6%減少し、10カ月連続減少した。自動車の減産が長期化している上に建設分野が資材高や新型コロナウイルス禍の影響でさえず、国内需要が下期も低調に推移。中国経済の減速や主要国の利上げによる通貨安で国際市場が足踏みし、鋼材輸出は低位にとどまった。自動車生産が正常化する時期は見通せず、建設の需要期ながら予算や労働力の不足など制約が多く、需要は回復力を欠いており、粗鋼生産はなお調整を要する見通しだ。
おすすめ記事(一部広告含む)