2022年11月30日

10月末普通鋼鋼材在庫587万トン 3カ月ぶり減

 日本鉄鋼連盟が30日に発表した普通鋼鋼材需給速報によると、10月末の国内向け鋼材在庫は587万3000トンと前月比1・6%減り、3カ月ぶりに減少した。国内向けの鋼材出荷が前月に続いて増え、国内向けの在庫率は174・4%と14・5ポイント低下した。自動車の減産が続き建設需要も低調なため、前年同月に比べ鋼材出荷は少ないが、国内向けの在庫は減っており、メーカーの生産調整が効いているとみられる。
おすすめ記事(一部広告含む)