2022年12月2日

三和鉄鋼 設備保全システム導入 飛島・犬山の生産管理集約

神戸製鋼所系の鋼板加工業者、三和鉄鋼(本社=愛知県海部郡飛島村、渡邊光社長)は、保有設備の適切な予防保全を徹底し不良停止をなくす「メンテナンスシステム」を導入する。来年1月中に稼働を開始する計画で、各設備のメンテ状態やスケジュールが誰でも確認できるシステムとし、飛島、犬山の両工場に分かれている生産管理部門を統合、人員を増強するなど人的な管理体制も強化することで、設備稼働の安定性による生産性向上などにつなげていく。
おすすめ記事(一部広告含む)