2021年10月27日

三和鉄鋼、内製対応を強化 ファイバーレーザー用、切断テーブル増床

神戸製鋼所系の鋼板加工業者、三和鉄鋼(本社=愛知県海部郡飛島村、渡邊光社長)はこのほど、犬山工場(愛知県犬山市)の溶断部門に設置しているファイバーレーザー加工機の切断テーブルを増床した。加工能力の引き上げにより、加工集中時の内製対応力を強化することが目的。また溶断部門でのISO9001認証の取得に向け、今月キックオフ。品質管理能力についても一段の向上を図る方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)