2022年12月7日

橋爪商事 日鉄スラグ使用の舗装材 東北で拡販

東北地区、建設資材大手の橋爪商事(本社=岩手県大船渡市、橋爪博志社長)は、林道整備向けに鉄鋼スラグ製品の販売を伸ばしている。日本製鉄の鉄鋼スラグを用いた環境製品で簡易舗装材「カタマSP」を林道に利用することで、集中豪雨など災害時にも道路が維持でき、国土強靱化に資する点などが評価された。東北森林管理局管轄の東北5県(青森、秋田、岩手、山形、宮城)で採用が広がり、全国からの問い合わせも増えており注目を集めている。
おすすめ記事(一部広告含む)