2022年12月13日

東京製鉄 7年8カ月ぶり岡山・熱延工場が再稼働

 東京製鉄岡山工場(岡山県倉敷市南畝)の熱延工場が9日、2015年4月以来約7年8カ月ぶりに再稼働した。脱炭素社会の実現に向けて、マーケットニーズが急速かつ大きく変化しており、自動車メーカーをはじめ大手需要家は東京製鉄製の鋼板に注目している。東鉄は田原工場(愛知県田原市)、岡山工場のホットコイル2拠点体制を再構築したことで需要を捕捉し、電炉鋼板の拡大を一層推進する。
おすすめ記事(一部広告含む)