2022年12月20日

西鋼、大阪工場に12キロワットレーザー導入 姫路との役割明確化

 ステンレス流通の西鋼(本社=大阪市北区、横田洋史社長)は、来年1月下旬に大阪工場(大阪市大正区)に小池酸素工業製の12キロワットファイバーレーザー切断機を新たに1基導入する。合わせて同工場のプラズマ切断機1基を廃棄することで、同工場を鋼板のシャーリングとレーザー加工、姫路工場(兵庫県姫路市)は鋼板のプラズマ・条鋼加工に特化し、2工場の役割を明確化。事業の効率化や品質向上に向けた体制を構築する。
おすすめ記事(一部広告含む)