2022年12月23日

11月粗鋼生産11%減 国内需要、低調続く

全国粗鋼生産量は11月に718万4000トンと前年同月比10・7%減少し、11カ月連続減少した。自動車の持ち直しの動きが反映されず、建設分野が資材高や新型コロナウイルス禍の影響で伸びず、国内需要が下期も低調に推移。中国経済や主要国の利上げによる景気減速と通貨安で国際市場は足踏みし、鋼材輸出は低位にとどまる。自動車生産が正常化には至らす、建設も建築の大型案件の動きに対し、中小案件は伸展せず、工期遅れなども散見され、需要は力強さを欠く。粗鋼生産は調整を要する見通しだ。
おすすめ記事(一部広告含む)