2023年1月6日

親和スチール スクラップ納入管理DX化 輸出業者で初

韓国鉄鋼大手POSCOの子会社で、ステンレスなど金属スクラップ輸出大手の親和スチール(本社=北九州市、守田幸泰社長)は、北九州市の若松営業所でスクラップの納入予約と管理のデジタル化を開始した。5日にディールコネクト(本社=東京都中央区、辻拓也社長)が運営する納入管理ソフト「Onetap納入管理」を輸出業者ではじめて正式に導入した。ディールコネクトが発表した。
おすすめ記事(一部広告含む)