2023年1月20日

輸出船契約22年24%減 12月、手持ちは回復傾向

日本船舶輸出組合が19日発表した2022年の輸出船契約実績によると、一般鋼船の契約は282隻、1161万9400総トンで総トン数は前年同期比23・6%減と大きく下げた。2年ぶりのマイナスで、前年に新型コロナウイルス禍から立ち直った経済活動を受けて回復した受注増の反動から再び減少に転じた。逆に12月実績は42隻、148万2840総トンで総トン数は前年同月比2・3倍と大きく伸ばし、5カ月ぶりの前年同月比増となった。
おすすめ記事(一部広告含む)