2023年1月23日

EU廃棄物輸出規制改訂、リサイクル団体 反対姿勢

 欧州のあらゆる物品のリサイクル協会の統括組織である欧州リサイクル工業会(EuRIC)は、先週に欧州議会で可決されたEUの廃棄物出荷規制の改訂案について、「リサイクル資源の地域貿易保護主義の始まり(=playball)になってはならない」と述べ、金属スクラップなどの輸出規制強化に反対する姿勢を明確にした。現地時間の19日、産業新聞の取材に対して文書で回答した。同改訂では金属スクラップなどすべての「廃棄物」のOECD非加盟国への輸出を原則的に禁じており、今年中に正式決定されるとみられる。
おすすめ記事(一部広告含む)