2021年4月28日

鉄スクラップ北海道価格 10年ぶり4万円突破 輸出高騰 電炉、値上げ道半ば

北海道の鉄スクラップ価格(H2)が10年ぶりにトン4万円を突破している。昨春、新型コロナウイルスの影響で世界的に市況は冷え込み、道内は1万円台前半に下落したが、その後は上下を繰り返しながら上昇トレンドを描いた。鉄スクラップを主原料とする普通鋼電炉メーカーは危機感を強めており、異形棒鋼を主力とする地場電炉メーカーも販売価格の引き上げに一段と注力している。

おすすめ記事(一部広告含む)