2021年5月19日

永和鉄鋼の展望/小型家電リサイクル法「認定事業者」/永井健社長/6年かけ認定取得達成/独自設備開発で利益向上

東京都西多摩郡で鉄スクラップを中心に資源リサイクル業を展開する永和鉄鋼は、4月21日、小型家電リサイクル法の「認定事業者」に選定された。地元の自治体との使用済み小型家電の取引を進めるため、足掛け約6年の年月をかけて達成した。一時、業績低迷に悩まされた時期があったが、鉄スクラップの選別能力を永井健社長が独自に研究し、特殊選別ラインを本社ヤードに設置してからは業績もV字回復。認定事業者になるまでの経緯や、徹底した現場主義に裏打ちされた事業への思いについて、永井社長に話を聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)