2021年5月20日

JFE条鋼 製造所長に聞く/水島製造所/桐谷厚志氏/原料多様化で安定生産

JFE条鋼は、2021年度から4カ年の第7次中期経営計画をスタートした。鉄筋用棒鋼を製造する基幹拠点、水島製造所(岡山県倉敷市)の中計でのテーマ、取り組みなどを桐谷厚志所長に聞いた。

――水島での今中計のテーマは。

「当所は、JFE条鋼の基幹製造所として、収益を出し続けることを求められている。いかに低コストで安定生産を継続するかということが不変のテーマだ。これを前提に中計では、主原料であるスクラップの自由度や多様性を高めていくとともに、循環型社会へのさらなる貢献を目指した資源リサイクル事業の拡大に取り組む。DX(デジタルトランスフォーメンション)の本格化に向けた基盤づくりも織り込んだ」

おすすめ記事(一部広告含む)