2021年5月26日

工場ルポ/エキスパンドメタル製造・加工大手/関西鉄工/獣害防止用フェンスなど用途拡大/「尼崎の加工屋」目指す/立地生かし自社便強化

 エキスパンドメタルの製造・加工大手の関西鉄工(本社=兵庫県尼崎市、片山保行社長)は、工場床材やスロープの滑り止めなど建築関連に用いられることが多い中、製品の用途を広げるため、獣害防止用フェンスも開発した。近年は切断を中心とする加工にも力を入れており、今年4月に8尺シャーリングを更新。都会に近い立地を生かし、大阪などを中心に自社便での配送体制も強化しており、無限に広がる可能性に応えられるよう、普及に取り組んでいる。

おすすめ記事(一部広告含む)