2021年5月28日

コバルトフリーLiB用正極材開発/太平洋セメント(中央研究所第3研究部)3氏に聞く/電池容量・寿命など優位性

電動化社会を支えるリチウムイオン電池(LiB)の技術開発競争が加速している。セメント大手の太平洋セメントは、希少金属であるコバルトフリーのLiB用正極材としてリン酸マンガン鉄リチウム「ナノリチア」を開発。現在、実証プラントを千葉県佐倉市の中央研究所に建設している。セメントメーカーが正極材を開発する意義とナノリチアの可能性について同社中央研究所第3研究部の石田泰之部長と大神剛章資源プロセスチームリーダー、山下弘樹氏の3人にオンラインで話しを聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)