2021年7月7日

共英製鋼の越子会社の戦略を聞く(2)/キョウエイ・スチール・ベトナム社/福西英和社長/単圧の強み生かす/ビレット調達などグループ連携

共英製鋼グループのベトナム北部製造拠点、キョウエイ・スチール・ベトナム社(本社=ニンビン省、福西英和社長、以下KSVC)は市場競争の激しいハウジング(一般住宅)向けの鉄筋・線材販売で安定収益の確保を目指す。「ビレットを母材に鉄筋や線材を製造する単圧メーカーならではのフットワークの軽さを強みとして生かしたい」と話す福西社長に、北部の市場動向や単圧ミルの鍵となるビレット調達方針、今後の展望を聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)