2021年8月24日

軽金属溶接協会の活動方針/山内重德会長(UACJ名誉顧問)に聞く/インフラ向け課題に注力

アルミ溶接・接合技術は、アルミの持つ軽量性や伝導性により、今後のカーボンニュートラル実現にとって重要な役割が期待される。軽金属溶接協会は構造設計の課題解決や接合技術の高度化など次世代のアルミ溶接・接合構造市場の拡大に取り組む。山内重德会長(UACJ名誉顧問)に今後の協会活動の方針を聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)