2021年9月2日

丸一ステンレス鋼管の新中計を聞く/大西隆志社長/「丸一流」で体質強化/ROS10%以上目指す

 シームレス(継目無)ステンレス鋼管メーカーの丸一ステンレス鋼管(山口県下関市)は、神戸製鋼所の子会社から丸一鋼管のグループ会社となり、1年ほどがたった。新体制での動きや新たに策定した3カ年の中期経営計画について、大西隆志社長に聞いた。

 ――新体制での1年を振り返って。

 「親会社が変わり、まず感じたのは意思決定の速さだ。コスト意識も非常に高く、収益を上げるための方策を一緒になって考えていくという文化も強い。われわれにとっては、丸一鋼管の経営に対する考え方を学び、それを今期から始まった中計にどう生かしていくか、どう考えるか、苦心し、悩んだ1年だった。中計では、さまざまな形で『丸一流』を取り入れ、体質・体力を高めていく」

おすすめ記事(一部広告含む)