2021年10月14日

日本製鉄 事業部長に聞く/チタン/永井竜一執行役員/用途拡大で脱炭素貢献

――チタン事業部長としての意気込みを。

「チタンは工業生産に使われ始めてからまだ日が浅い素材で、さまざまな可能性がある。カーボンニュートラルの中でも、チタンの特色が生きる分野が出てくるだろう。将来性のある素材として需要拡大に取り組みたい」

おすすめ記事(一部広告含む)