2021年10月22日

新関西製鉄設立20周年/田邊寛隆社長に聞く/設備集約完了 新たな一歩/ニーズ捉えた高付加価値品注力

 関西地区平鋼メーカーの新関西製鉄(本社=堺市、田邊寛隆社長)が10月1日に設立20周年を迎えた。バブル経済崩壊以降、苦境に立たされた鉄鋼業界は企業再編や過剰能力の削減などの構造改革に取り組み、同社は2001年に関西製鋼と臨港製鉄が合併し誕生。主力の平鋼市場での量的拡大が見込めないことなどから同社では堺・星田の2工場で電気炉2基、圧延3ラインだった生産体制を見直し、15年には星田工場の電気炉を休止し、来年3月末には星田工場の圧延2ラインを1ラインに完全集約する。「これまでの20年をばねに新しい一歩を踏み出したい」と話す田邊社長に今後の展望などを聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)