2021年12月22日

点検 非鉄景気/1―3月/建設用電線/軽圧品・サッシ

建設用電線/年明け需要低調推移/銅価高・材料不足響く

年明けの建設用電線の需要は低調に推移するとみられる。例年1―3月は需要低迷期に当たり、数量の落ち込みが予想される。新型コロナ禍で低迷していた電設、市販市場はともに、東京五輪・パラリンピックが終わって以降は回復基調にある。しかし銅や副資材の価格高騰や、材料不足により一部製品で受注制限を設けるメーカーがあるなど、影響はしばらく続く見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)