2022年3月30日

点検 非鉄景気/4―6月/軽圧・サッシ/建設用電線

4―6月のアルミ圧延品(板・押出)の国内出荷量は前年同期(49万722トン)の水準を維持するだろう。板は半導体関連の堅調が引き続くとみられるほか、自動車向けも自動車生産の回復を見込むことから増加が予想される。一方で押出は自動車やバス、トラック生産で部品や半導体不足が継続するとみられることから減少が見込まれる。

おすすめ記事(一部広告含む)