2022年4月8日

資源インフレ 及ぶ業界変革の波/(1)/高炉メーカー/国際情勢激変でコスト増に拍車

脱炭素や新型コロナウイルス禍からの需要回復に加え、ウクライナ情勢がエネルギーや資源、金属素材の価格高騰に拍車を掛けている。新年度を迎え、原料コストが一段と上がる鉄鋼各社は鋼材値上げを加速し、加工メーカーや流通は販売価格への転嫁に追われている。激動の国際情勢下、物価高や為替の円安による需要への影響など予断を許さない事業環境の中、なお続く資源インフレと鋼材価格の上昇が鉄鋼業に新たな変革をもたらそうとしている。

おすすめ記事(一部広告含む)