2022年7月27日

新社長に聞く/トピー実業/山口 政幸氏/人材・機能磨き事業拡大

――トピー工業の子会社、メーカー商社であるトピー実業の社長に就任した抱負から。

「これまでの経営者の方々が路線を固め、業績を上げ、若い人材を育ててきている。バランスを取りながら次の世代を作り、つないでいくこと、橋渡しが私のミッションと思う。トピー工業の時からトピー実業の社員と長く深いつき合いがあるが、トピー実業を中から見ると、上下や横のカベがなく、フラットな組織であり、動きが早く、専門家の集団という印象だ。社員約300人が皆やるべきことを自律的、能動的に行う組織になっている。人材は育ってきているが、各拠点を回って上級職と面談すると世代のアンバランスが多く指摘された。過去に採用を減らした時期があり、その影響から世代間で年齢の差が開いているところがある。中途採用や若手の登用で世代の間を埋めることは大きな課題だ」

おすすめ記事(一部広告含む)