2023年1月10日

経営戦略を聞く 新英金属 金子豊久社長 加工ノウハウで品質担保 アラエ商会通じ関東玉補う

 中部圏を中心に、多くの国内製鋼メーカーへの安定的な冷鉄源供給を実現しながら金属リサイクル事業をグローバルに俯瞰する新英グループの中核企業、新英金属(本社=愛知県安城市、金子豊久社長)は、前年11月30日に関東を主要営業基盤に鉄スクラップの輸出をメインに手掛けるアラエ商会(東京都江戸川区)をグループ化し、スクラップの扱い量は年間100万トンを超える見通しとなった。宿願だった関東圏での確固たる事業基盤を得、社会的な脱炭素化の取り組みも背景に、一段と高高度からの効率的な資源の有効活用を見据える金子社長に今後の展望を聞いた。
おすすめ記事(一部広告含む)