2015年4月28日

「ベトナムの謎」 片岡 利昭氏(元日鉄商事駐在員)の最新刊

大阪の鋼材加工販売、堺鋼板のベトナム事務所長を務める片岡利昭さんが、「ベトナムの謎」を日越貿易会から出版した。元日鉄商事現地駐在員の経験を生かして、過去8冊の著書がある片岡さんの最新刊。今回はベトナム戦争や日本との関わりなどの歴史に触れ、現地の人の考え方などの背景を解説。農業や資源大国としてなお発展するベトナムにエールを送る。

片岡さんによると、いわゆるベトナム戦争以外にも、ベトナムは植民地の宗主国だったフランスとの独立戦争のほか、中国との国境紛争など長く苦しい戦争を経験した。親日国だが、第2次大戦後残留した旧日本軍人から戦術を学び、対仏、対米戦争を戦ったのも親日の背景にあるという。

おすすめ記事(一部広告含む)