2015年6月3日

JOGMEC、新中和処理施設でエコツアー開催 岩手大生など17人参加

 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)はこのほど、旧松尾鉱山(岩手県八幡平市)の新中和処理施設でエコツアーを開催したと発表した。岩手大学人文社会科学部の学生など17人が参加し、JOGMECが運営・管理する坑廃水処理施設などを見学。産業における金属鉱物資源の重要性や、環境に配慮した資源開発・利用について学んだ。

 鉱害防止支援事業の一環で、JOGMECが2007年度から継続開催している。参加者はまず松尾鉱山資料館を見学し、鉱山開発が地域社会にもたらした繁栄と鉱害について学習。

 その後、新中和処理施設に移動して貯泥ダム、恒久排水路トンネル、施設内部を回り、強酸性坑廃水の中和処理過程を見学。北上川の清流化と環境保全に果たす役割について、理解を深めた。

 さらに外部講師による「資源・エネルギーと環境」と題した講義を受け、メタンハイドレートの燃焼実験、菱刈鉱山の金鉱石を実際に手に取るなどの体験をした。

おすすめ記事(一部広告含む)