2015年11月4日

社会人野球・新日鉄住金、かずさマジック勝利 広畑敗れる

 1日に行われた第41回社会人野球日本選手権大会で、新日鉄住金の2チームが登場、新日鉄住金かずさマジックが勝利し2回戦に進出した。新日鉄住金広畑は強豪相手に粘りを見せたが初戦突破はならなかった。かずさマジックは明日5日に日本新薬と対戦する(午後6時予定)。

 新日鉄住金広畑は第1試合でJR東日本と対戦。初回に1点先制したものの序盤に逆転を許し6点差を追いかける展開。6回に長短打で2点を返したがその後は相手投手陣を打ち崩すことができず、3―8での敗戦となった。

野球・新日鉄住金広畑・応援席1511C 試合後、新日鉄住金広畑製鉄所の岩崎正樹執行役員所長は「社員とご家族、鋼材を使って下さるお客様、製鉄所に携わる多くの皆様に応援いただいたが、残念ながら力及ばずだった。少し打たれ過ぎてしまった。しかし、今日のご声援を選手たちは覚えており、次のチャンスに必ず挽回してくれると思う。また応援では若い力がリードしてくれたのでほめてやって下さい」と感謝を述べた。

 続く第2試合は新日鉄住金かずさマジックがJR九州と対戦した。2回に2点を先制し、4回にも小技と機動力を絡めて一挙5点を加えた。4人の投手リレーと堅い守備で相手攻撃を1点に抑え、7―1で快勝した。

 新日鉄住金君津製鉄所の井上昭彦常務執行役員所長は「皆様の応援のおかげで勝ち抜くことができた。次も選手たちの背中を押してあげてほしい」とあいさつ。広畑の岩崎所長も応援に加わり、両試合には森信紳二常務取締役大阪支社長、右田彰雄執行役員、藤井清澄大阪支社副支社長のほか新日鉄住金とグループ会社の幹部・社員、OB、取引先関係者が集結し、熱い声援を送った。

おすすめ記事(一部広告含む)