• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは
更新日: 2018年3月12日

堀田ハガネの”面白さ”広げる ダンシングロボで会社PR

堀田ハガネの”面白さ”広げる ダンシングロボで会社PRガンニッケルマン(堀田ハガネHP掲載動画)

特殊鋼流通の堀田ハガネ(本社=堺市西区、堀田靖社長=写真)は、会社PRの一環として、同社のコーポレートキャラクター「ガンニッケルマン」の踊ったりしゃべったりできるロボットを活用している。ロボットは会社の受付に置いているほか、ホームページには動画を掲載。今月3日には関西地区のローカル番組「ウラマヨ」(関西テレビ、出演ブラックマヨネーズ他)でも、そのユニークさが紹介された。同社では「来社いただいた方々をお迎えする以外にも、リクルート活動にも活用し、"面白い会社"とのイメージを広げていければ」(堀田社長)としている。

ガンニッケルマンは、同社の主要鋼種のひとつである含ニッケル鋼をイメージしたキャラクター。名刺に印刷されたり、15年9月には、大阪府貝塚市の水間観音駅から貝塚駅の区間を走る「水間鉄道」の列車のヘッドマークに装着されるなど、以前からPR活動に活用していた。

今回のロボット化に際しては、ボルト・ナットメーカーの竹中製作所(本社=東大阪市、竹中佐江子社長)が販売する中国のロボットベンチャー、UBテック社製「アルファ1s」を採用。メタリックカラーに塗装したり、会社ロゴを入れるなど特別仕様に仕立てている。身長は40センチ、重さは1・65キロ。すばやくかつアクロバティックな動作で、音楽に合わせた多彩な動きが出来る。

ボタンを押すと、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などとあいさつするほか、社歌「いつも笑顔で」とイメージソング「行け!ガンニッケルマン」に合わせて、踊ることもできる。これらの2曲はロボットのために作成。振り付けはプロの振付師TACOさんに依頼し、竹中製作所がロボットにプログラミングした。これらの踊っている動画は、同社ホームページでも視聴できる。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 日刊産業新聞DIGITAL または 産業新聞本紙のご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
産業新聞DIGITALのご案内

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

WEB・電子版に関するお問い合わせ

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせはこちら

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2020/04/01
H2新断プレス
19500円 (-100)21700円 (-100)
179.57ドル (1.11)199.83ドル (1.34)

 換算レート (TTS) 108.59円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2020/04/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6600060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7700077000
鉄スクラップ
H290007500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 -547 -542 -545 -540
電気亜鉛 +254 +248 +254 +248
電気鉛 242 239 242 239
アルミ二次地金 99% 195 190 195 190

非鉄金属市場価格へ