• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは
更新日: 2020年1月28日

神鋼VS新日鉄釜石 ラグビーレジェンドマッチ開催 往年の選手が集結

神鋼VS新日鉄釜石 ラグビーレジェンドマッチ開催 往年の選手が集結

それぞれの本拠地で大震災を経験し、鉄と人の縁で交流を深める神戸製鋼と新日鉄釜石のラグビーOB戦「レジェンドマッチ」が26日、阪神・淡路大震災25年の節目にノエビアスタジアム神戸で開催された。

新日鉄釜石は、はまゆりの花とNSCのエンブレムが描かれた紺のセカンドジャージ、神戸製鋼はスティーラーズの赤のジャージで試合に臨んだ。試合は10分ハーフ、今回は24―10で神戸製鋼OBに軍配が上がった。

ほとんどが50代、60代という往年の両チーム選手たちは懸命にボールを追い、時折ボールをこぼし、ぶつかり合いながらパスをつないで走った。トップリーグの試合前の場内は多くの観客がレジェンドを見守り、温かい声援に包まれた。

スタンドでは「かーまいし」の声と大漁旗を振っての応援も見られた。実況席に交代した選手たちが解説に加わったり、日本ラグビーフットボール協会会長で、新日鉄釜石OBでもある森重隆会長から活が入ったりし、会場に笑顔が広がった。

試合を終えて、新日鉄釜石のスクラムハーフ坂下功正さんと、神戸製鋼のロック林敏之さんがあいさつ。ともに経験した震災を忘れず、皆さんに元気を出してもらいたい、ラグビーを通じて盛り上げていきたいとスピーチした。 ...

産業新聞DIGITALで読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
産業新聞DIGITALのご案内

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

WEB・電子版に関するお問い合わせ

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせはこちら

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2020/02/25
H2新断プレス
20200円 (―)22200円 (―)
180.5ドル (1.91)198.37ドル (2.1)

 換算レート (TTS) 111.91円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2020/02/25調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6800061000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
79000-78000
鉄スクラップ
H295008000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 -654 -649 -652 -647
電気亜鉛 -277 -271 -277 -271
電気鉛 263 260 263 260
アルミ二次地金 99% 195 190 195 190

非鉄金属市場価格へ