• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年12月7日

日立製作所、レアアース磁石のリサイクル技術を開発

 日立製作所は6日、ハードディスクドライブ(HDD)のモーターやエアコンなどコンプレッサーから、レアアース磁石をリサイクルする技術を開発したと発表した。ネオジムやジスプロシウムを含有する使用済みレアアース磁石を分離・回収する装置を開発するとともに、乾式手法による実験で、レアアースを抽出することに成功した。同社はリサイクル全体のコストや回収率の試算などを経て、2013年をめどに本格稼働をめざす考え。

 同社はこれまでの手作業でHDDからレアアース磁石を分離・回収する場合、作業員1人で約5分を要するのに対し、今回開発した装置では約8倍の効率で分離・回収できることを確認した。これにより1時間当たり12台だった手作業効率が、機械化の開発に伴い100台程度のHDDを処理できるようになる。従来、分離が困難だったコンプレッサーを、新たな切断装置や脱磁装置の開発で、高効率で安全な分離回収を可能とした。

 分離・回収したレアアース磁石から、ネオジムやジスプロシウムといった重希土類を抽出する工程は、これまで酸などの化学薬品を使用してきたため廃液処理を必要とし、コスト、環境保全面で課題を有していた。今回、新たにレアアースと親和性の高い特定の抽出媒体による乾式手法を開発したことで、これら課題を低減化できる見通し。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ