• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年2月9日

液体シリコンで太陽電池 北陸先端大学院大が開発

 北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)の下田達也教授らの研究グループは7日、液体のシリコンを基板にインクのように塗って太陽電池を製造することに世界で初めて成功したと発表した。

 従来の太陽電池より簡単なプロセスで造ることができるため、製造コストを60―70%低減できる可能性がある。太陽電池は環境性などの観点から使用が増加しているものの、高コストが課題となっている。今回発表した技術を使って商用電力並みのコストの太陽電池ができれば、需要の一層の拡大が期待できる。下田教授らは今後、国内大手太陽電池メーカーなどと共に、早期の実用化を目指す考え。

 半導体のもととなるシリコン材料は現在、固体と気体に限られている。液体シリコンから太陽電池が製造できれば、コストを抑えることができると期待されていた。しかし、溶液状のシリコン(シリコンと水素の化合物)は酸化しやすく、扱いが難しいとされてきた。下田教授らは液体シリコンに有機溶媒を加えて不純物を除き、均一な膜を製造する技術を確立した。

 また基板上の液体シリコンを、1分間に約3000回の高速で回転。その上で摂氏約400度で数十秒ほど加熱し、半導体の薄膜を形成した。このプロセスを3回繰り返して3層の薄膜を造り、それをもとに太陽電池を作製した。発電能力は既存品の20%程度だが、今後膜を多層化することで性能を高める。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ