• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年10月31日

JFEテクノリサーチ、LIBの一貫分析技術を確立 嫌気性材料にも有効

 JFEテクノリサーチは28日、大気遮断された環境下で、リチウムイオン2次電池(LIB)の負極構造を断面加工から観察まで一貫して分析評価できる技術を、世界で初めて確立したと発表した。反応性が高いリチウム(Li)など嫌気性材料の解析に有効な技術として、自動車や電池、負極系の素材メーカーだけでなく、食品分野や希土類系磁石での活用が期待できる。

新製品・新技術 「ミクロ、ナノレベルの解析技術は日々進歩している。それを支える技術として、大気の成分・水分の影響を受けない技術が必要」(坂田敬・取締役ソリューション本部(千葉)長)。アルゴンイオンで断面ミリング加工した観察断面を、大気に触れずに電子顕微鏡(SEM)で観察できる独自のシステムを導入。走査電子顕微鏡(SEM)との互換性を考え、2000万円投じ、日立ハイテクノロジーズ製の装置を入れた。

 電気自動車や蓄電池でLIBの電池材料開発が活発化する中、材料の観察・分析技術の正確性を求められている。負極部は、リチウムの反応性が高いため、結晶構造が変化しやすく、リチウムの挿抜による膨張収縮などの観察が困難だった。新技術により、充電状態の負極構造を正確に観察することが可能となった。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ