• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年9月20日

産総研と昭和電工、塩素を含まないエポキシ樹脂を開発 IC銅ワイヤに対応

 独立行政法人の産業技術総合研究所(産総研)と昭和電工は18日、半導体封止材などに使われるエポキシ樹脂について、塩素系化合物を含まないタイプの合成法を開発したと発表した。現在、半導体封止材に用いられるエポキシ樹脂は、塩素化合物を含んでおり、ICチップ配線の銅ワイヤを腐食させる一因となっている。今回開発に成功した新タイプを使えば、電子機器の長期信頼性を向上させることが可能になる。

 半導体封止材はICチップの保護材。チップを半導体封止材でコーティングすることで、空気酸化による性能の劣化やチリなどの混入を防ぐ。通常、耐熱性やチップとの密着性に優れたエポキシ樹脂が材料として使われる。

 産総研と昭和電工が発表した技術は、近年、ICチップの配線を金めっきワイヤから銅ワイヤに替える動きが広がっていることに対応したもの。銅ワイヤは金めっきワイヤに比べ安価だが、腐食しやすい特長がある。従来のエポキシ樹脂だと製造時に塩素系の化合物が混入してしまい、それによって銅ワイヤが腐食するという問題があった。一方、過酸化水素を使用してエポキシ樹脂を造る、塩素系化合物が入り込む心配はないが、酸化の速度が遅かったり一部しか酸化できないため、工業的に成り立たなかった。

 今回、産総研と昭和電工はまず原料からアリルエーテルという化合物を合成。これを過酸化水素と触媒で酸化反応させ、グリシジルエーテルと呼ばれるエポキシ樹脂を製造した。触媒にはタングステンとリンの化合物にベースにアミン系添加剤を組み合わせたものを用いた。出来上がったエポキシ樹脂からは塩素化合物が抽出されない上、成型性にも問題がなく、絶縁信頼性も向上したという。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ