• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年11月13日

昭和電線ケーブルシステム、効率10倍の熱電発電デバイスの開発

 昭和電線ホールディングスの事業子会社、昭和電線ケーブルシステムは9日、熱電変換効率を従来比10倍に高めた、熱電発電デバイスの開発に成功したと発表した。

 高温域対応の酸化物熱電変換素子に、低温域対応の金属系熱電変換素子を組み合わせた。今後、三重事業所(三重県いなべ市)で実証試験を行い、早期の実用化を目指す。熱電発電は、工業炉などの廃熱から電気エネルギーを取り出す技術。

 昭和電線はこれまで、セ氏600―800度の高温域に対応する酸化物熱電変換素子の開発を進めてきた。今回、300度以下の低温域に対応する金属系素子と重ね合わせる構造を採用し、デバイス出力を1平方メートル当たり2000ワットに高めた。2011年に従来素子で行った、三重事業所での実証試験と比較して、約10倍の出力に相当する。

 デバイスの寸法は150×150×400ミリメートル、受熱部の最高温度は700度。熱源側から酸化物系モジュール、金属系モジュール、水冷板と重なる構造。温度差を大きくすることで熱電変換効率を高めた。水冷には設備周辺の工業用水を使う。

 想定発電量は、150×150ミリメートルの高出力デバイス1個を、稼働率80%で1年間使った場合、累計340キロワット時。2000×1000ミリメートルの太陽光パネル1枚を、稼働率12%(日中の稼働を想定)で1年間使った発電量に相当する。

 三重事業所の銅裸線製造用の工業炉で、年内に予備試験を行い、1月から本格的な実証試験に入る。工場内照明への給電や、工場内機器のバッテリー充電に利用する計画。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ