• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年12月13日

鉄鋼事業戦略を聞く ■神戸製鋼所副社長 山口 育廣氏 線条・ハイテン中心に拡販

鉄鋼事業戦略を聞く ■神戸製鋼所副社長 山口 育廣氏 線条・ハイテン中心に拡販

――国内は鉄鋼市場環境が好転している。

「本年度の自動車生産は、12年度の完成車955万台、ノックダウン930万セットの1885万ユニットほぼ横ばいでみていたが、円安効果を追い風に需要が増加しており、足元は985万台、1000万セットでみている。造船起工量は12年度が1249万グロストンで、本年度は1000万トン際を想定していたが、ピッチダウンが緩和していることから、現在は1100万トン程度と予想している。震災復興、公共インフラ老朽化対策、消費税前の駆け込み需要などで建設も好調で、住宅は12年度の89万3000戸が97万戸、非住宅は5203万平方メートルが5500万平方メートルに、それぞれ増加するとみている」

――輸出比率も上昇している。

「円高修正で競争力が回復し、当社輸出比率は過去最高の3割超に上昇している。海外での拡販戦略も奏功し始めているが、内需対応もあって、このレベルを維持することになりそうだ」

――増産が必要では。

「全国粗鋼は12年度が1億730万トンで、本年度は1億1200万トン前後に増えるとみている。当社は700万トンから760万トン程度に増やす計画。うち加古川製鉄所が620万トン、神戸製鉄所が120万トン、高砂製造所の鉄粉と鋳鍛鋼用の電炉鋼が20万トン。これ以上増やすには、コークスやペレットなどのスポット調達が必要で、大幅なコストアップになる。各ミルともおおむねフル操業に近い状況が続いている」 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/09/21
H2新断プレス
31900円 (300)34300円 (300)
280.98ドル (0.42)302.12ドル (0.25)

 換算レート (TTS) 113.53円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/09/21調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7500075000
鉄スクラップ
H22300019500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 754 749 752 747
電気亜鉛 386 380 386 380
電気鉛 307 304 307 304
アルミ二次地金 99% 214 209 214 209

非鉄金属市場価格へ