2016年4月15日

2016年熊本地震 非鉄分野、人的被害なし スクラップ問屋、「道路状況次第では、入出荷に支障が出る可能性」

 熊本県上益城郡益城町で14日夜9時26分、震度7の地震が発生した。気象庁は15日、2016年熊本地震と命名。非鉄分野では九州ネットワークケーブル(熊本県上益城郡甲佐町)は、人的被害はなく、工場被害はなかった。

不二サッシグループの不二ライトメタル(熊本県玉名郡長洲町)は人的被害もなく、15日は通常通り操業を行っている。

松島金属熊本工場(熊本県菊池郡大津町)は人的被害はなく、工場も15日朝から通常通り操業している。

福岡県南部にヤードを持つスクラップ問屋では、人的被害および建屋や設備、スクラップの在庫に被害はなかったものの「熊本県の道路状況次第では、入出荷に支障が出る可能性がある」(経営者)と話す。

熊本県では15日午前の段階で九州自動車道が南関インターチェンジ(IC)より南が通行止め。NEXCO西日本によると益城熊本空港ICから御船IC間で路面陥没や盛り土法面の崩落、橋梁ジョイントの段差が発生。御船ICから松橋IC間で路面陥没などが生じているという。

おすすめ記事(一部広告含む)