2013年12月10日

中国 鋼材市況、底打ちへ

 中国の鋼材市況が、底打ちの様相を見せ始めた。12月第1週の熱延コイル市況はトン3643元(6万1170円、3ミリ厚・増値税込)と前週比0・06%高で小幅ながら3週ぶりに上昇。線材も3週ぶりに上がった。「原料価格は高止まりし、鋼材価格をこれ以上下げられない状態」(上海の日本高炉幹部)だが、冬場の不需要期を迎え、大きく反転する機運は見えない。
おすすめ記事(一部広告含む)