2015年4月30日

鉄鉱石 中国の輸入価格反発

 中国の鉄鉱石輸入価格が反発している。中国鋼鉄工業協会による鉄鉱石輸入着岸価格は27日にトン57・1ドル(約6800円、CIF)と過去10年の最低を記録した4月10日の46・84ドルから21・9%上がった。原油価格と株価の上昇を受けて鋼材先物市場が反転。国際資源大手BHPビリトンが能力拡張延期を先週に発表したことも影響したようだ。ただ、中国の鉄鋼需要に力強さはなく、原料需給は緩いため、価格上昇の勢いが増す状況にはない。

おすすめ記事(一部広告含む)