2021年9月1日

鉄鉱石輸入価格が反発 中国、鋼材市況上昇映す

【上海支局】中国の鉄鉱石の輸入価格が反転上昇した。秋の鉄鋼の需要期を迎えて鋼材市況が上がり始め、原料価格に波及した。直近ピークの7月初旬のトン220ドル強(約2万5000円)から1カ月で約40%低下したが、30日に155・41ドルと1週間で約20ドル、14%上がった。粗鋼生産は政府の指示で減るものの下期も高い水準が見込まれる。依然旺盛な原料需要と鉄鋼減産による鋼材高が原料価格を高位にとどめそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)