2016年11月7日

亜洲鉱業、マレーシア合金鉄合弁 商業生産で記念式典 安価電力武器 鉄鋼業に貢献

 日系のマンガン生産者、亜洲鉱業(アジア・ミネラルズ、AML、本社=香港、鈴木博貴会長)は3日、マレーシアの合金鉄生産合弁会社、パータマ・フェロアロイズで商業生産の開業式を開いた。鈴木会長は起工式から4年を経て6月に生産開始にこぎつけたとして州政府、株主、需要などの支援に謝意を示した。安価な電力供給を背景に、競争力のある操業を軌道に乗せることで鉄鋼業にも貢献する一方、地域社会の発展にも寄与する考えを示した。

おすすめ記事(一部広告含む)