2016年10月21日

亜洲鉱業、マレーシア合金鉄増産 南ア鉱山の競争力強化

 香港を本拠にマンガン系合金鉄、鉱石生産を手掛ける亜洲鉱業(アジア・ミネラルズ、AML)はマレーシアの新工場立ち上げと南アフリカの鉱山の競争力強化を両面で進める方針だ。6月に稼働したマレーシア工場では月内にもフェロシリコン生産用で3基目の電気炉を稼働する。南アの鉱山では高品位鉱の鉱区で生産を開始し、生産中の鉱石と配合して販売する。ともに新日本電工など日本企業と共同事業として展開しており、新日鉄住金など日本企業向けに競争力のある原料を安定供給する体制を構築する。

おすすめ記事(一部広告含む)