2018年1月30日

中国鋼材市況が反発 上海異形棒市況6週ぶりに上昇

 中国の鋼材市況が反発した。上海地区の異形棒鋼市況は1月第4週にトン3930元(約6万8000円、増値税込)と前週比100元、約1700円上がり、6週ぶりに上昇。春節(旧正月)連休が始まる2月中旬前は商談が停滞するが、1月中旬から続伸する鋼材の先物価格と春節明けの需要回復をにらみ、一部流通や需要家が早めに調達に動いた可能性がある。
おすすめ記事(一部広告含む)