2018年6月6日

宝武鋼鉄集団、ステンレス能力拡張

 中国国有鉄鋼最大手の宝武鋼鉄集団はステンレス製造子会社の宝鋼徳盛不銹鋼(福建省福州市)の年産能力を600万トンに拡大する。5月末に協力協議を締結した福州市政府の支持を得て、「国内を先導するステンレスと特殊鋼のハイエンド鋼材製造基地を打ち立てる」(宝武集団の陳徳栄総経理)。上海市のステンレス工場を閉鎖し、機能を移す。競争が激化するステンレス事業を再度強化し、国内トップを目指す方向だ。

おすすめ記事(一部広告含む)